ご案内

プレミアムキャットフード専門/正規品限定 フードの賞味期限記載で安心購入

ブランドロゴ

“BLUE BUFFALO(ブルーバッファロー)”は、“大切な家族だから、体にいいものを食べさせたい。”をコンセプトに、 その温かい想いは全米で認められ、現在、米国においてペット専門店No1*のペットフードとして広く知られています。
高品質の自然派ペットフードブランド「BLUE」。 その誕生の裏には、ある家族と愛犬の深い絆がありました。
ブルーバッファローは、Bishop(ビショップ)家の愛犬「ブルー」が癌をわずらった事を契機に、その創業の歴史をスタートします。 「ブルー」は大切な家族。 できることは何でもしてあげたい。 「ブルー」の病気をきっかけに、彼の家族は普段の食事が犬や猫の健康に大きな影響を与えることを知った一家は、 ペットの健康に興味を持つようになり、犬・猫のカラダの酸化に配慮したペットフードをつくることができないかと考えました。
そこで、米国の優秀な獣医師や動物栄養士を集め、高品質の動物性タンパク質を主原料にしたペットフード開発プロジェクトに着手。 愛犬「ブルー」の功績に敬意を表し、新しく開発したペットフードを、「BLUE(ブルー)」と名付けました。

★ ブルーバッファローの特徴 ★

BLUEは2種類の粒が配合されたユニークなフード。
美味しくて栄養価の高いベースキブル(粒)にプラスして、米国の獣医師や栄養学士によって選定・開発されたビタミン・ミネラルを豊富に含むライフソースビッツ(色の濃い粒)が配合されています。 製造時の熱による栄養価の損失をできるだけ少なくする「コールドプロセス製法」で製造されています。
画像1

 
― ブルーバッファローを選ぶ理由 ―

ブルーバッファローが選ばれる理由は、 高品質で自然素材ならびに独自開発のライフソースビッツを特別に配合し作られているからです。 犬や猫は大切な家族です。 だから食事も家族と同様、愛情をもって与えたいと考えられています。
  • 鶏や家禽の副産物ミールは使用していません。
  • 自然派の酸化防止剤のみ(混合トコフェロール,ローズマリー抽出物)を使用
  • 犬や猫によってはアレルギーを引き起こす可能性のあるコーン,小麦,大豆は不使用

  • ◆ 高品質の自然素材
  • 高品質の生肉
  • 野菜と抗酸化栄養素を豊富に含む果物を使用

  • ◆独自開発のライフソースビッツに抗酸化栄養素「super7」を新配合
    ブルー製品のすべてのドライタイプに入っているライフソースビッツには、米国の獣医師と動物栄養士が選んだ抗酸化栄養素・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。 パワフルな抗酸化作用のある食材「SUPER7」をぎゅっと詰め込んでいます。 加熱による栄養価の損失を防ぐ「コールドプロセス製法」を用いたライフソースビッツの原材料は以下をサポートします。
  • 猫本来の免疫力の維持
  • 成長段階に応じた必須栄養素の供給
  • 食事から犬や猫の健康をサポートする健康的な酸化バランスを維持

  • [SUPER7]


    画像3

    ホウレンソウ 食物繊維・植物由来栄養素・オメガ3脂肪酸・鉄分・ビタミン・ミネラルが豊富
    カボチャ 風味が良く食物繊維の豊富なカボチャにはビタミンやミネラルがたっぷり含まれています
    クランベリー 天然の酸味料
    ブルーベリー ビタミンA・C・カリウム・食物繊維の宝庫
    ざくろ ポリフェノール系フラボノイド,ビタミン類,ミネラル類がたっぷり
    ブラックベリー 高繊維,低カロリーで、葉酸,ビタミンならびにミネラルが豊富
    リンゴ 天然のビタミン,ミネラル,ポリフェノール類の源

    ◆ 栄養へのこだわり
    「大切な家族だから、体にいいものを食べさせたい」
    ブルーバッファローが目指すのは、最も健康的なペットフードを作ること。 なぜなら健康的なペットはより幸せで、幸せなペットのパパやママはまた、幸せだからです。

    ◎ブルーバッファロー ペットフードの原材料
    高品質の自然な食材をバランス良く配合して作り上げています。 美味しくて高品質な原材料、そして必要不可欠なビタミン・ミネラル・抗酸化栄養素が私たちの製品の基本になっています。 それぞれの成長段階や体重、好みの味や食事の与え方のチョイスに合わせた特別な組成(フォーミュラ)を作っています。
    私たち人間と同様、ペットにも6大栄養素のバランスを与えた食事が必要です。

    ― ブルーバッファローで使用されていない原材料と理由 ―

    <鶏や家禽の副産物ミール>
    米国飼料検査官協会(AAFCO)が2009年に発行した出版物に記載されている鶏や家禽の副産物ミールの定義は下記です。

    『「鶏や家禽の副産物ミールとは、鶏肉などの加工過程で余った首・足・卵巣(卵のもと)・腸など、 屠殺された鶏の羽根以外の汚れていないきれいな部分を挽いたり、油脂を分離したりして加工を施したもの」 製品ラベルに「鶏の副産物ミール」などといった表記がある場合、それはこの加工法を経た原材料でることと同義である』

    ブルーバッファローは、低コスト重視の考え方ではなく、こだわりの素材を使用しています。 副産物ミールではなく、鶏肉や家禽の生肉から作った「チキンミール」や「ターキーミール」を使っています。

    <コーン・小麦・大豆たんぱく(グルテン)>
    これらはすべてタンパク質源としては(アミノ酸バランスに)偏りがあります。 またペットのアレルギーの原因となることがあります。 穀物のタンパク質は犬や猫に執拗なアミノ酸を完全には含んでおらず、動物性タンパク質に比べて消化率は高くありません。 高品質な肉・鶏肉・魚肉を使うことで、より完全なアミノ酸バランスが達成できます。

    <合成着色料・合成香料・合成保存料不使用>
    BHA,BHT,エトキシキン,プロピレングリコールといった合成保存料には栄養価がありません。 ブルーバッファローは自然派の酸化防止剤のみを使用しています。


    ※記載内容は、メーカー及び、ブルーバッファロー輸入発売元に掲載の内容を元にまとめております。

    画像2

    生産国 アメリカ
    製造発売元 Blue Buffalo co.

    戻る
    Copyright © NEKOBATAKE Co., Ltd. 1999-2018 All Rights Reserved.