ご案内

プレミアムキャットフード専門/正規品取扱店 賞味期限記載で安心購入

― はじめに ―
一部ネットや週刊誌などの記事において、ペットフードに含まれる「ミール」の内容について、 メーカーへの取材やメーカー自体の見解も掲載されることなく、誤った表現、憶測が多く含まれる内容等で記載されている場合がございます。 そのため、一部フード等をお使いのお客様におかれましては、ご不安に思われるかもしれません。
以下、「ミール」について説明を掲載させていただきます。 内容は、ニュートロを販売するマースジャパン日本より回答をいただいたものを、読み易いように一部加筆修正しております。予めご了承ください。


■「ミール」とは
肉類をレンダリング(油脂を除く作業)の工程を経て油 脂類を抽出した後の成分です。

■「ミール」の分類
日本ではミールについて分類がなく、レンダリング行程を含むすべてのものを指します。
一方アメリカでは、AAFCO(米国飼料検査官協会:ペットフードの栄養基準、ラベル表示などに関する ガイドラインを設定している機関)により以下の3つの定義があります。
・肉ミール(meat meal)
・肉と骨ミール(meat&bone meal)
・肉副産物ミール(by- product meal)

海外では、この3つの記載に分かれていますが、日本ではひとくくりに「〜ミール」と記載されていることが殆どで、 日本と海外で表記の違いから、誤解されやすいことがございます。

■ニュートロが使用している「ミール」
■使っているところ
人間の食用として使用される個体の、精肉等の部位を取り除いた肉・骨を加工
■使ってないところ
鳥:羽、頭、とさか、首、足、胃腸内容物 など
ラム、鹿:ひづめ、角、皮、胃腸内容物 など
さらに、MARS社はサプライヤ(供給業者)について選定し、ベンダー(業者)をコントロールすることで原材料の品質を担保しています。

■「ミール」使用の利点
■レンダリングの効果
熱/圧力によるレンダリング(肉から油脂を除く作業)により、有害なバクテリアなどを殺菌した上で、 凝縮したタンパク源等をペットフードに提供することができる。
■犬・猫の体内で吸収されやすい、栄養素の供給源
ミールには骨が多少含まれますが、生体由来の骨に含まれるミネラルは犬・猫にとって吸収しやすく、 もともと骨を作るためのミネラルを生体由来の骨から得ることになるため、 カルシウム・リンのバランスもよくとれている状態でそれらを得ることができます。 たとえばカルシウムを得るために骨(ミールに多少含まれる)を利用しないとなると、 合成のミネラルである炭酸カルシウムや、カルシウムを含む素材をを使うことになります。 炭酸カルシウムは骨と比較するとカルシウムの吸収率が比較的低くなってしまいます。 他の素材を使用する場合は、その素材が含む他の成分も考慮しなければなりません。
■肉や穀物からだけでは得られない栄養素の取得方法
・高品質で消化性の高い凝縮されたタンパク質
・カルシウム、セレンなどのミネラル類源
・グルコサミン、コンドロイチン源

戻る
Copyright © NEKOBATAKE Co., Ltd. 1999-2021 All Rights Reserved.